鹿来芋屋産(からいもやさん)のこだわり

鹿屋市紅はるか認証品
「かのや紅はるか」を栽培している
かのやファームさん

かのや紅はるか芋の自家製甘露煮をトッピングし、生地にもかのや紅はるか芋をたっぷり練り込みました。

アクセントにハーブ・岩塩を入れ、しっとりと焼き上げました。おつまみにもなる「一粒の贅沢」な手作りスイーツです。

 




かのや紅はるかの甘露煮(3日間かけて作った自家製です)や芋ペーストをたぷり使っています!

鹿来芋屋産(からいもやさん)のネーミングについて

 

「鹿屋市を一人でも多くの人に知ってもらいたい。鹿屋市のお芋を使ったお菓子で、鹿屋に来てもらいたい。」

という思いで名付けました。

そして、鹿屋市の活性化を願いネーミングを鹿屋市のロゴカラーに色づけました。

  「赤」は太陽・人々の情熱
「黄」はまちの人の温かい心・希望の光
「オレンジ」は果実・物産
「青」は済んだ空と水
「緑」は自然 を表しています。

受賞

「平成23年度鹿児島県新加工食品コンクール」
さつまいもへのこだわり部門 優秀賞 受賞

メディア掲載情報 (クリックすると大きく表示されます)

2014年 南日本新聞社

商品

鹿来芋屋産(からいもやさん) デビューへの道

かのや紅はるか芋を使った商品を増やし、かのや紅はるか芋の美味しさを一人でも多くの人に知ってもらいたいという思いで作りました。

平成25年
9月27日 観光庁主催「究極のお土産品評会」に応募
応募商品:鹿来芋屋産
9月4日 農林水産省主催「第1回地場もん国民大賞コンテスト」に応募
応募商品:おいもかん・鹿来芋屋産
平成24年
5月31日〜6月6日 「そうしん鹿児島うまかもん市」ダイエーにて入選商品の展示PR。
4月21日〜6月3日 かのやばら祭りで、お客様にお出しするお菓子に鹿来芋屋産が選ばれ、「紅はるか」の普及とPRを行いました。
3月31日 「アミュプラザ 春スイーツフェア」出店。
116日〜 山形屋とさつま芋の館で入賞商品の展示・販売。
2月2・3日 「鹿児島の逸品商談会」で入賞商品の展示PR。
1月13日 「鹿児島県新加工食品コンクール」受賞式。
平成23年
11月25日 「鹿児島県新加工食品コンクール」出品。

出品したお菓子:
鹿来芋屋産、おいもかん、KANOYA深むしちゃん、ばら色サブレ

さつま芋へのこだわり部門にて鹿来芋屋産が 優秀賞受賞
9月9日 「かのやスイーツコンクール2011」出品。
出品したお菓子:鹿来芋屋産、KANOYA深むしちゃん、深むし茶っぷりん、おいもsun
9月 ネーミングにこだわりました
鹿屋の紅はるかを使った鹿屋のためのお菓子を開発しました。名前に「鹿屋・鹿児島に来てもらいたい」という思いと、「鹿屋産の紅はるか芋」を入れ、アピールしました。ロゴカラーには「まっすぐかのや」の5色のカラーを使いました。
7月〜 コンクール出品に向けて鹿屋の為のお菓子の開発に取り組みました。
生地に、かのや紅はるか芋をふんだんに練り込み、フィナンシェ風の生地に仕上げましたが、インパクトに欠けるという意見を参考に、型をお芋に見立てて、舟形にして、栄養豊富な皮をそのまま使用した自家製甘露煮をトッピングしました。まだ、インパクトが弱かったのと、紅はるか芋の糖度が高いため、相乗効果で塩・ハーブを加え焼き上げ、完成しました。